Yuhikan

Kankou

Posted on by

Kankou

Posted on by

豪商稲葉本家の様々な伝統

京丹後市の代表的な観光スポットの一つは、久美浜市に建つ100年の伝統的な家屋、稲葉御所本家である。 

本家は稲葉家が所有して、130年前の豪商である。この古い家は稲葉家によって維持されているが、国の有形文化財として正式に登録・保護されている。 

古屋の史跡は織田信長の家臣として稲葉家の時代にさかのぼる。建物はこの商人と彼の次の世代がゆっくりと建てられた。

現在は外国人や地元の人が無料で訪れることができる。また、旅行者向けにクラシックなデザートやお茶を提供するインナーレストランもある。その他のサービスについては陶器やお香づくりのコーナーまでも含まれている。 

かつて誇りと勇気を持って時間に立ち向かっていた家として、家では提供されるもう一つのサービスが郵便の郵送システムである。一度その場所を訪れたら、自分自身や愛する人にメッセージを送ることができます。あなたの書いてた手書きのメールは、数年後の年始に送信されます。 

稲葉本家のレビューにはこの史跡についてより多くのことが発見して、この満ちた先祖の歴史回廊にをたどっていきます。 

稲葉本家の詳細
住所 京都府京丹後市久美浜町3102
営業時間 午前9時から午後4時まで(水曜定休)
入場 無料

 

稲葉本家

本館

大型で複雑なパターンに桁を装飾した2階建ての建物で、5年の歳月をかけて建てられたと言われている。この家は高い中庭と開放的な応接間を持ち、建物の間取りだけでも、その家がかつて持っていた大きな力と影響力を表している。 

吟松舎

江戸時代に造られた破風屋根付きの建物。部屋全体は東に8畳、西に6畳で測ることができる。このところは家族やお客さんが植物やその他のイベントを共有できるレジャースポットである。 

雛御門

ハイビームを連ねた2階建ての家で、屋根は平入り風を踏襲している。入り口には低い木造の屋根があり、残りの建物は破風屋根である。 

蔵資料館

昔は倉庫として使用され、金や米、重要な道具を保管する場所であった。現在では、町内の家柄や著名人の作品が展示されている。

庭園とほかの景観

広々とした庭がなければ、伝統的な家は完備していない。桜などの地元の木々に囲まれたこの家の中では、楽しいひとときを楽しむことができます。 

この場所はまた家紋碑や稲葉郎右衛門像も建立されている。 

 

アミティ丹後でショッピングと休憩 

日常の多忙な生活とは全く異なるライフスタイルや文化を体験することしかも、田舎への旅に最適なものはある。京丹後では市場や街のあらゆる場所を歩き回りながら、お客さんのお腹、買い物かご、思い出を完全に体験することが満足できる。 

お土産の購入とともに、ユニークなサイドトリップをご希望の方は、このアミティ丹後のレビューにの京丹後体験をご覧ください。 

日本製

ここの物産はすべて京丹後の山水から汲み上げたものです。手作りのアクセサリーやアイテムを選んだり、地元のお酒を味わったりすることができます。ここには丹後の朝市や他のお店で買えるものがたくさんあります!

伝説の京都シルクロードからは、タンゴちりめん(シルクコースタ)を持ち帰ることをお勧めします。ここでのアクティビティは、伝説の正絹がどのように作られているのかを見ることもできます!詳細については、以下をお読みください。

染色の体験

市場の買うとは別に、アミティ丹後にはいくつかのワークショップがあります。その一つが、ハンカチをフィーチャーした染色活動です。お客様は子供から大人までが、テンプレート印刷の作成方法を教えられる。 

1つの授業には最大35人収容可能で、先生はお客さんのスケッチをすべて完成させる準備ができています。この体験では、高品質のシルクやその他の地元繊維も使用されています。

アミティ丹後: 染色コース
営業時間 午前10時から午後4時まで(火曜は休み)
受付・予約期間 午前10時から午後3時まで
所要時間 1コースに40分
材料費 シルク(22500円)
綿花(15000円)

 

丹後ちりめん工場見学

丹後は伝統的な歴史と絹の豪華な衣装で知られて、多くの地元の人々に伝統芸能が残されている場所である。この体験は、貴重な織機がどのように絹の織物になるかを観察するのに役立ちます。 

クラスあたり20人以下授業は無料ですが、事前に電話で予約しなければならない。 

 

工場見学
受付・予約期間 午前9時から午後5時まで(火曜は休み)
所要時間 30分

 

シルクのコースター作り

このワークショップでは、伝統的な絹の織り方を教えることができます。顧客は、手編みを学ぶか、木製の機織り機で使うかことができます。 

一度に2人しか収容できない。客は伝統的な体験のお土産としてコースターを持ち帰ることができます。 

絹糸を織る活動
受付・予約期間 10:00 am to 3:00 pm (Closed on Tuesdays)
所要時間 30分
料金 22500円

 

お土産だけでなく、アミティ丹後は、思いがけない文化と芸術の旅にあなたを連れて行きます。完全な体験をするために必ず訪れるべき場所です。 

良いアドバイスを探している場合は、京丹後市場に立ち寄ってください。

夕日館-お客様からのフィードバック

夕日館では、質の高いサービスと宿泊施設を誇っています。常にお客様を第一に考えているため、温泉プールなどのアトラクションがもたらす贅沢さとくつろぎを、多くの方々に体験させます。

夕日館の近くで、お客様がたまらない場所をいくつか探してみてください。

友好な丹後

友好な丹後は、網野町の歴史を伝えるさまざまな資料を展示する場所となっています。丹後ちりめん織りの観光では、丹後の特産品を展示/販売しています。それは丹後最大の専門店でもあります。

オーストラリア稲葉本家

1885年から18年以上かけて建てられた邸宅は、改装されて復活しました。壮大な梁は一見の価値はあります。また、体験型のワークショップでは、陶器やお香をお楽しみいただけます。

グラス工房夢

ガラス工房は、静かな山岳地帯にあるガラス作家角田氏のアトリエです。ステンドグラスの装飾品、アクセサリー、器などを展示・販売するほか、ガラス細工も体験できます。ここで、アクセサリー、壁掛けパネル、ミラーを作成できます。角田さんのワークショップに参加する前に予約が必要です。

城崎マリンワールド

城崎マリンワールドでは、日本海に面しており、さまざまな海の魅力を楽しむことができます。「海の動物園」には、深さ12mの大きな水族館があり、さまざまな海の動物を見ることができます。マリンビューで日本海を巡航したり、イルカショーをお楽しみいただけます。

出石城下町

江戸時代に5万8千石の城下町として栄えた出石は、今もなお強い印象を受けています。龍五郎、江戸時代後期の塔型の時報塔、崇行寺、出石城跡など、町中には歴史的建造物が点在しています。

経ヶ岬灯台

京都の名所・100選にも選ばれた経ヶ岬灯台は、全国でも6台しかない最高級のレンズを採用しております。灯台は最初の照明以来、今日まで日本海を渡る船の安全を守り続けてきました。

天橋立

天橋立は日本三景のひとつ。京都府最北端の日本海に突き出た丹後半島のふもとに位置しています。この4 kmの松の並木は、素晴らしい遊歩道です。

伊根の舟屋

伊根町は丹後半島の東端にあります。1階は船置き場、2階は住居用と設計されています。船のガレージは船屋と呼ばれています。その景色は壮観で日本では珍しい。

玄武洞

玄武洞は160万年前の火山活動によりマグマが冷えて固まると、定期的に亀裂を作りました。

玄武岩と呼ばれる石は南向きの磁力を持ち、世界の地球科学の歴史を探索するための重要な場所です。国の天然記念物に指定されているその美しさは日本を代表するものであり、世界の謎のひとつとなっています。