Yuhikan

ゆうひかん:城下町いずし

ゆうひかん:城下町いずし

ゆうひかん:城下町いずし

いずしは、江戸時代に栄えた町です。 1604年に小出義英という日本の大名によって建てられました。豊臣秀吉の襲撃後、武士が家を建てる訓練の聖域となった。今日まで、武士の家やお店のいくつかはまだ立っています。 

今では200〜300年以上の歴史があり、そこに住む人々が手入れの行き届いた豊かな歴史を持っています。その歴史だけでなく、周囲の自然の美しさから、日本で人気のある観光地に花を咲かせています。春の桜の名所としても有名です。古い屋台や武家屋が立ち並ぶ静かで落ち着いた街は、江戸時代にタイムスリップすること間違いなしです。旅行に連れて行って、町で最も人気のある場所を探索しましょう!

城下町いずしの有名な目的地

新光郎時計塔

新光郎は、いずし町の見どころでありシンボルです。 1871年に建てられた時計台です。築150年近くですが、 新光郎の 時計台は今でも時を刻み、誇りを持っています。 

出石城跡

江戸時代の深い歴史を感じるには、出石城跡が最適です。武士がかつて頑丈な城に入ったのと同じ道を歩き、山の景色を楽しみましょう。伊豆の本格的な体験をお届けするため、城周辺のお店では着物のレンタルを行っています。  

有子山稲荷

城跡のすぐ横には、美しい赤い鳥居が並ぶ石段があります。 37の鳥居は有子山稲荷神社まで続くトンネルとして機能します。 

酒蔵酒の築

この出250年の酒蔵は、赤い土壁でできており、現在も機能しています。地元の人々は今でも有名な笹鶴酒の貯蔵庫としてセラーを使用しています。酒の試飲も楽しめます!

昭和風の街並み

美しく歴史あるいずしの街並みを散策。町全体の建築は昭和にインスパイアされています。その地域のすべての店はあなたにその時の様子を味わうでしょう。時代劇を撮影しているような気分です!

磐梯熱歌舞伎劇場 

磐梯熱は関西で最も古くから機能している歌舞伎劇場です。劇場全体のセットアップは親密であるため、観客は俳優を注意深く観察することができます。座席も床に伝統的な正座で作られています。 

いずしサラそばそばの

いずしならではの作り方をお楽しみください。日本の他のみんなとは異なり、いずしは大きなお椀ではなく小皿でそばを出します。小皿を20枚仕上げると、お土産に「そばどり」のプラークが贈られます。